本文へスキップ

登録販売者資格取得ガイドは、公的資格である登録販売者の資格取得を目指すサイト

登録販売者 資格取得ガイド

受験資格/登録販売者 資格取得ガイドは登録販売者の資格取得を目指すサイトです。

受験資格

(1) 4年以上薬局、一般販売業(卸売一般販売業を除く。)、薬種商販売業、店舗販売業

    又は配置販売業において、薬剤師又は 登録販売者の管理及び指導の下に一般用医薬品

    の販売等に関する実務に従事した者


(2) 旧制中学若しくは高等学校又はこれと同等以上の学校を卒業した者であって、1年以上

    薬局、一般販売業(卸売一般販売業を除く。)、薬種商販売業、店舗販売業又は配置

    販売業において、薬剤師又は登録販売者の管理及び指導の下に一般用医薬品の販売等に

    関する実務に従事した者


(3) 平成18年3月31日以前に学校教育法に基づく大学(短期大学を除く。)に入学し、

    当該大学において薬学の正規の課程を修めて卒業した者


(4) 旧大学令に基づく大学又は旧専門学校令に基づく専門学校において薬学に関する専門の

    課程を修了した者


(5) 上記(1)から(4)に該当する者と同等以上の知識経験を有すると都道府県知事が認めた者

    旧大検および高等学校卒業程度認定試験の合格者で、かつ、1年間の実務経験のある者や、

    外国薬学校卒業者など




実務経験

実務経験の期間は、下のすべての条件を満たさなければならない。

1.薬局、一般販売業(卸売はのぞく)、店舗販売業、薬種商販売業、配置販売業で従事していること。

   メーカー、卸売等は認められない。

2.業務内容が以下のすべてに該当すること。調剤事務、配送等、直接販売に従事しない職種は認め

   られない。
    1.主に一般用医薬品の販売等の直接の業務を行っていた。
    2.一般用医薬品の販売時の情報提供を補助する業務又はその内容を知ることができる業務を行っていた。
    3.一般用医薬品に関する相談があった場合の対応を補助する業務又はその内容を知ることができる業務

       を行っていた。
    4.一般用医薬品の販売制度の内容等の説明の方法を知ることができる業務を行っていた。
    5.一般用医薬品の管理や貯蔵に関する業務を行っていた。
    6.一般用医薬品の陳列や広告に関する業務を行っていた。
    7.薬剤師又は登録販売者の管理・指導の下で業務を行っていた。


3.開設者との間に雇用関係があること。アルバイトやパートでも可。

   ただし、派遣社員は開設者との雇用関係がなく、認められない。


4.受験日前日までに、月に80時間以上連続して当該期間従事していること。

   期間中に80時間未満となる月があってはならないので平均80時間でも認められない。


5.原則として1ヵ所での勤務であること。複数ヵ所での勤務が認められるのは、人事異動や廃業など

   受験者の責に因らない場合で、知事がやむを得ないと認めた場合のみ。

   転職や個人的引っ越しによるものは不可。

   また、複数店舗にまたがっての勤務は認められない。


6.開設者の発行する証明書が得られること。死亡した個人や消滅した法人などでは認められない

   ことがある。





資格取得講座

 登録販売者 講座  生涯学習のユーキャン

レッスンごとに、穴埋め式で重要ポイントをチェックできる「基礎編」と、本試験と同形式の「実践編」を収録。
こまめにチェックすることで“分かったつもり”を解消!
 講座 登録販売者  介護・福祉・医療の資格を取るなら『シカトル』

講座情報や資格ガイド、一括資料請求まで、個人のスキルアップ、キャリアアップの為のお役立ち情報満載!

全く初めての人でも大丈夫!仕事をしながら資格取得ということも可能!





ナビゲーション